私たち勝田台教会は、「日本キリスト改革派教会」という教派に属しています。

 

そして「改革派教会」は、いわゆる異端ではないし、熱狂的妄信的なグループでもありません。歴史的正統的プロテスタント教会の一枝であり、聖書を大切に丁寧に読み解いていく、穏健で理性的な教会です。

 

私は教会に来る前、改革派と聞いて、何か革命でも起こそうとしている過激な人たちでは?とも思いました。

 

しかし、改革派の「改革」とは、聖書の御言葉によって、自らの人生を、また教会のあり方を、絶えずよく改革されることを望むということです。

 

ルーツは、16世紀ヨーロッパの「宗教改革」にあります。(世界史で習いませんでしたか?)

 

腐敗しきっていた中世の教会に対して、再び聖書の教えに立ち返らせ、教会を本来の姿に戻そうとする「改革」運動がおこりました。その中心人物の一人であるジャン・カルヴァンが、スイスのジュネーブで進めた改革によって生まれた教会が、私たち「改革派教会」のルーツです。

 

「日本キリスト改革派教会」は、このカルヴァン以来の伝統を受け継いで、1946年に創立されました。現在は、札幌から沖縄まで全国に140以上の教会と、会員1万名を擁しています。

 

世界的にも、改革派(長老派と称する時もあります)系統の教会は、プロテスタント教会の主流を形成していて、オランダや米国を中心に750以上の教派におよび、互いに助け合いながら、正しいキリスト教の福音をのべ伝えています。

 

プロテスタントの宣教師で、日本に一番最初に来てくださった方々も、改革派系統だったのですよ。

 

 

よろしければ、「日本キリスト改革派教会」のホームページをごらんください。