私たちの教会では、坂井牧師から希望者に、毎朝の御言葉メールが配信されます。祈りの言葉を添えて、火曜日から土曜日まで配信されます。(希望される方は、メールでご連絡ください)。

 

過去の御言葉メールは、こちらのブログですべてご覧いただけます。→ ブログ「日々の御言葉」

 

6月22日土曜日

ここのところ土曜日の配信をお休みするが多くてすみませんでした。今日は大丈夫です。

 

今週は詩編の祈りに心を合わせて、皆さんといっしょにお祈りをささげてきました。今日は詩編23篇です。

 

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ、憩いの水のほとりに伴い、魂を生き返らせてくださる。(詩編23:2-3)」

 

神様、今日どんな道が用意されているのか、私たちには一秒先も分かりませんが、あなたが共にいてくださいますから、わたしは災いを恐れません。

 

暗い暗い、光が見えない谷底を歩むような思いで、日々を過ごしている方々のことを憐れんでください。

 

生涯の終わりが近づいていることを強く意識しながら歩んでいる方々を憐れんでください。

 

そのひとりひとりの迷える羊を、憩いの水のほとりに伴って、その魂を癒してください。

 

願わくは、明日、みなを礼拝に集めてくださり、御言葉によって、私たちに命の水を注いでください。

 

疲れて死んだようになっている者も、息を吹き返しますように。

 

神様、私たちはそれぞれにあなたに背き、自分勝手な道を歩んでいたような人生でした。

 

でも、あなたが追いかけ探してくださって、悔い改めを与えてくださったことを感謝します。

 

あなたと共に歩むこの生涯を、私は喜び感謝します。

 

やがて、あなたのもとで永遠に安らぐその時まで、あなたが示してくださる道を、大切に歩んでいきます。

 

主よ、わが羊飼いよ、いつまでも、わたしと共にいてください。