私たちの教会では、坂井牧師から希望者に、毎朝の御言葉メールが配信されます。祈りの言葉を添えて、火曜日から土曜日まで配信されます。(希望される方は、メールでご連絡ください)。

 

過去の御言葉メールは、こちらのブログですべてご覧いただけます。→ ブログ「日々の御言葉」

 

4月19日金曜日

受難週の金曜日です。主が十字架にかけられたのは、金曜日の昼でした。

 

イザヤ書の「苦難のしもべの歌」をずっと分かち合ってきましたが、今日で最後です。

 

イザヤ53:12です。今日は、聖書協会共同訳で分かち合いましょう。

 

「それゆえ、私は多くの人を彼に分け与え、彼は強い者たちを戦利品として分け与える。

 

彼が自分の命を死に至るまで注ぎ出し、背く者の一人に数えられたからだ。

 

多くの人の罪を担い、背く者のために執り成しをしたのは、この人であった。」

 

 

この人とは、まぎれもなく、主イエス・キリストのことです。

 

「彼が自分の命を死に至るまで注ぎ出し」という翻訳に、魂を撃ち抜かれる思いがしました。

 

十字架で流された、注ぎ出された血を思い出しました。そして、聖餐のワインを思い出しました。

 

明後日の主日礼拝では、勝田台教会をはじめとして、多くの教会で聖餐式がなされることと思います。

 

そこで差し出されるぶどう酒は、主イエスの命が注ぎ出されたものです。

 

これをいただくことで、私たちには命が与えられます。不滅の希望に輝く命が・・。

 

主が、御自身の命を注ぎ出し、「命を受けよ」と招いておられます。

 

 

まだ信仰告白しておられない方は、明後日の聖餐を受けることはできないでしょう。

 

ぜひ、信仰告白なさってください。この命を受けていただきたいのです。私はこの命をいただいたから、あなたにも受けてほしい。

 

どうか、キリストに代ってお願いします。どうか、この命を受け取らせていただいてください。

 

そこに、あなたの命が輝きだすから・・。主があなたの罪をもう全部担ってくださいましたから。ですから、どうか・・。

 

 

共に祈りましょう。

 

主よ、あなたの死によって、私たちには命が与えられました。私に与えられている永遠の命を、もっと深く喜ばせてください。私たちのすべての憂いが消え去るほどに、みずみずしいあなたの命の喜びで満たしてください。そして、その喜びが、どうか私の愛する方々に広がっていきますように。