私たちの教会では、坂井牧師から希望者に、毎朝の御言葉メールが配信されます。祈りの言葉を添えて、火曜日から土曜日まで配信されます。(希望される方は、メールでご連絡ください)。

 

過去の御言葉メールは、こちらのブログですべてご覧いただけます。→ ブログ「日々の御言葉」

 

6月23日金曜日

創世記12章のアブラムの旅立ちの記事からいろいろ思い巡らしてきました。

 

改めて考えてみますと、彼は75歳なのですね。いわゆる後期高齢者なのですね。

 

すでにこの時のアブラムより年上になられた方も、勝田台教会にはたくさんいらっしゃいますね。

 

70歳の時はまだ全然元気だった。でも、75歳がやっぱり節目ですね、途端にくたびれてしまった・・、なんて教えていただいたこともあります。

 

そのようなご年齢で、新しい場所に旅立つというのは、どういうことなのでしょうね。

 

新しい家で暮らし始めるだけでも、難儀なことでしょう。

 

アブラムのような信仰をもって、いつまでも若々しく!!・・なんて、私にはとても言えません。

 

そして、実際にはアブラムも、そんなに意気揚々と出発したのだろうかな、と疑問に思います。

 

そんなことを考えていましたら、四国の山田教会の牧田吉和牧師が、今度の日曜日を最後に引退なさるとうかがいました。

 

引退なさって、その後は、さらに南にくだって、高知県の最果てである宿毛教会に移って、小さな小さな群れと共に歩まれます。

 

先生は、まだ75歳にはなっておられませんが、73歳くらいであったかと思います。

 

決して意気揚々という感じではありません。人間的な見通しなど何もないけど、主のなさることに委ねて忠実に奉仕するのみ、ということだそうです。

 

 

「アブラムは、主の言葉に従って旅立った(創世記12:4)」

 

ただ主の言葉に忠実に従う・・・、そういう信仰者を、神は決して悪いようにはなさらない。

 

75歳のアブラムからはじまった4000年の信仰者の歴史が、そのことをわたしたちに教えてくれています。

 

 

共に祈りましょう。

 

主よ、ただあなたに忠実に従うことができますように。子どもたちも、若い方も、75歳以上の方も、あなたに従う人生のすばらしさを味わい、祝福から祝福へと進んでいくことができますように。