私たちの教会では、坂井牧師から希望者に、毎朝の御言葉メールが配信されます。祈りの言葉を添えて、火曜日から土曜日まで配信されます。(希望される方は、メールでご連絡ください)。

 

過去の御言葉メールは、こちらのブログですべてご覧いただけます。→ ブログ「日々の御言葉」

 

2017年1月からの新シリーズ「天国人のボキャブラリー」も好評です。

4月25日火曜日

おはようございます。今日は朝寝坊してしまいましたので、短く祈りを分かち合いましょう。

 

日曜日にはⅠペトロ5:1-4の御言葉をいただきました。

 

「さて、わたしは長老の一人として、また、キリストの受難の証人、やがて現れる栄光にあずかる者として、あなたがたのうちの長老たちに勧めます。あなたがたにゆだねられている、神の羊の群れを牧しなさい。」

 

教会のリーダーであるペトロが、同じ労苦を負うリーダーたちに勧めています。

 

主を三度も否んでしまった私のようなダメな者をも、主は召してくださり、群れをゆだねてくださり、用いてくださった。

 

だから、あなたたちも、自分の貧しさを恥じる必要はない。

 

そんなことは、イエス様はよくご存知だから・・・。

 

よくご存じの上で、そのダメなあなたを召してくださったのだから。ゆだねてくださり、用いてくださるのだから・・。

 

だから私たちは、ただ忠実であろう。主の御心に忠実でありたいと、祈り求めよう。

 

そういう説教でした。

 

 

ひとりの長老が、説教の恵みを分ち合ってくださいました。

 

自分はどこかで劣等感があって、あの人やあの人のようにできないという思いに縛られていたのかもしれない。

 

説教を通して、そういうものがほどけていくような思いでした。そして、ただ主に忠実でありたいと、心から思いました、と分かち合ってくださいました。

 

私にとって何よりもうれしいプレゼントでした。ああ、主は、私を用いて語りかけてくださったのだと、思いました。

 

そういう感想ばかりではないでしょう。主からのチャレンジに戸惑いを覚えたりなさった方もいたかもしれません。みなさんそれぞれの、主との語らいがありますようにと祈ってます。

 

明日からは、また創世記の分ち合いをしたいと思ってます。

 

 

共に祈りましょう。

 

主よ、今日もあなたが生きておられる、そのことに私は平安を覚えます。わたしたちに、必要なすべてを備えてください。あなたを信じる喜びも、希望も、あるいは、戸惑いも、苦悩も・・、すべてのタイミングを用いてくださって、ひとりひとりの心を、キリストとひとつになるように整えていってください。