私たちの教会では、坂井牧師から希望者に、毎朝の御言葉メールが配信されます。祈りの言葉を添えて、火曜日から土曜日まで配信されます。(希望される方は、メールでご連絡ください)。

 

過去の御言葉メールは、こちらのブログですべてご覧いただけます。→ ブログ「日々の御言葉」

 

8月10日土曜日

長く祈りに覚えてきたエレベーターの改修工事が、昨日無事に終了しました。

 

主がこのエレベーターを豊かに用いて下さって、ご高齢の方も、体の不自由な方も、御自身のもとにありとあらゆる人々を集めて、慰めを満たしてくださいますようにと、祈りました。

 

 

さて土曜日は、「来てください、沈むことのない光」という本より、初期教会のキリスト者たちの言葉を紹介しています。

 

今は、リヨンのエイレナイオスの言葉を紹介しています。150~200年頃まで活躍し、初期教会に影響力をもった偉大な教父です。

 

**************

救い主であるみことばが、見失われた人間と同じ状態になられました。

 

そうして、ご自分の方から、人間とご自分との交わり(コミュニオン)を実現し、人間の救いを成し遂げられたのです。

 

さて、見失われた人間は肉と血をもっていました。それは、神が地上の泥土を取って人を形づくられたからです。

 

それゆえ主もまた、この人間のために肉と血をもたれました。

 

こうして、主の到来によって神の御計画が実現したのです。

 

みことばは、ご自分で何か新しい業を始めるのではなく、はじめに御父によって企てられた業を繰り返し行い、

 

見失われた人を捜し出すために、そうなさったのです。