2013年 BEST1

2013年9月1日マタイ6:33-34「何よりもまず求めるべきもの」.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 228.3 KB

青年会のみんなが、満場一致で「あれがよかった!!」とふりかえるメッセージです。

一人の若者は、「学校のことなどであれこれ悩んでいたけど、明日のことは思い煩うなという言葉に励まされて、心が平安になりました」と教えてくれました。

2013年 BEST2

2013年1月13日マタイ5:21-26②「和解の大切さ」HP用.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 233.3 KB
去る主日のメッセージ大変厳しいものでしたが感謝でした。和解しなければならないことは頭の中では良くわかります。家庭礼拝の祈りの時に、ふと、自分が許せない人のことを気付かせていただくことは度々です。しかし、直ぐに和解出来ない弱い者です。
徹底的に神に砕かれなければならない自分がいます。いつも被害者意識を捨てることの出来ない者です。隣人・教会の仲間・夫、そして自分の子供たちに。まず神との和解が必要ですね。
神のみ言葉は「魂を生き返らせ、純金よりも慕わしく、密より蜂蜜より甘い」と、ある半面「両刃の剣」ともあります。
和解のメッセージは私にとりましては「両刃の剣」のようでした。しかし、私たちの弁護士として主イエス様が臨在してくださいますから感謝です。少しでも和解と平和に勤められますように祈りつつ聖霊の助けによって新しい道へと歩ませていただきたく願っています。「両刃の剣」がどれほど私を強め励ましとなったかを良く知っています。メッセージ感謝でした。
 
(ある姉妹からの、説教への応答のお便りから)

2013年 BEST3

2013年2月3日マタイ5:38-42「憎しみからの自由」HP用.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 239.4 KB

「右の頬を打たれたら、左の頬も差し出しなさい」との有名な言葉からの解き明かしでした。

 

坂井牧師にとっては、大変困難な解き明かしであり、イエス様からの語りかけを十分に取り次げなかったとの思いがあるようですが、その弱さの中で聖霊が働いてくださったのでしょう。多くの人の心をとらえたようです。

 

ある姉妹が言われました。

 

「坂井牧師の山上の説教の解き明かしは、高い高い神様からの理想をつきつけられるのではなく、この教えに従いきれない私たちの現実の様々な難しさの中に、イエス様が本当に下ってきてくださって、肩を抱えてくださって、耳元で、さあ行こうと励ましてくださっているように強く覚える。

 今まで何度も聞いてきた聖書箇所なのに、ぜんぜん違うものに聞こえる。今日の解き明かしは、とりわけそうでした。」